熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
バッタを捕食するタイコウチ幼虫
たいばった

 飼育しているタイコウチの幼虫です。

 タイコウチは幅広い食性が知られています。

 魚、両生類、甲殻類、陸生・水生昆虫等・・・

 なので餌やりは庭でやわらかい虫を捕獲すること。

 相変わらず大葉を食い荒らすバッタが多いので・・・

 バッタはスイレンやトチカガミの葉もボロボロにします。

 タイコウチはバッタを捕らえるのも芸術的。

 気付かれないように前足を回して、

 いつの間にかバッタは逃れられなくなっています。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

印旛沼のカネヒラ2017
かねひ17a

 先日、印旛沼の小川で採集したカネヒラです。

 (場所は過去のブロマガ記事に出ています)

 すでに婚姻色の出たオスでした。

 このサイズがタモ網で捕れるのは珍しいですが・・・

 で、この小川で最も多いのがタイバラです。

 次がモツゴ、ドジョウ、ヨシノボリ・・・

 カネヒラもかなり多い方です。

 春に出現する稚魚の数がとても多いので。

 釣りやセルビンでの捕獲がほとんどないので、

 多く棲んでいることを知らない人がほとんどでしょう。

 このカネヒラを 500円で販売します。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

オレンジベリーダーター稚魚2017-2
おれべりこ17c

 オレンジベリーダーターは繁殖期が長いため、

 夏に産卵した分の稚魚が 2~3cmになりました。

 すでに小さな冷凍赤虫を食べていますので給餌も楽です。

 1匹 2,000円で販売します。

 雌雄の判別はまだできません。

 春に繁殖した若魚は 1匹 3,000円、

 親魚 1ペアは 1万円で販売しています。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

マルタンヤンマ羽化2017
まるちゃん17u

 飼育していたマルタンヤンマが羽化しました。

 夏に羽化するヤンマです。

 去年の秋~今年春にかけての極端な雨不足で、

 多くの生息地が干上がってしまいました。

 山の水溜りで生活する生き物たちにとって、

 雨が降らないということは生きていけないということ。

 溜め池にも極稀にいますが・・・

 大型のギンヤンマのヤゴがウヨウヨいる中で

 生き延びるのは大変でしょう。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

ヘイケボタル2017
へいけ178

 ↑ ヘイケボタル産卵用ケースの様子。

 ヘイケボタル成虫はすでにピークを過ぎて、

 だいぶ数は少なくなりました。

 成虫は餌を食べず、ただ光って交尾し産卵する・・・

 役目を終えると死んでしまいます。。。

 しかし、卵からは幼虫が次々に生まれ、

 来年に向けてサカマキガイを食べて成長しています。

 幼虫の販売につきましたは 7/25の記事をご覧ください。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

2017印旛沼カブクワ情報 5
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
印旛沼のノコギリクワガタ
noko178b.jpg
noko178a.jpg

 印旛沼のノコギリクワガタです。

 撮影は昨日のお昼頃。

 今年はまだノコギリクワガタがたくさんいます。

 詳しくは過去のブロマガと明日のブロマガをご覧ください。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

2017印旛沼カブクワ情報 4
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
アシナガバチを食べるオニヤンマのヤゴ
おにはち

 庭の生垣にアシナガバチが巣を作り・・・

 誰かが刺されても危ないので巣を取り除くことに。

 ハチには合計で 20回くらい刺されているので、

 この猛暑の中厚着をして首にはタオルを巻き、

 ハチが活動しない夜中に巣とハチを取り除きました。

 蜂の巣の駆除は明るい時にやってはいけません。

 活動が活発な上巣を離れていたハチが戻ってくるからです。

 夜間は全てのハチが巣にいて動かないので、

 一網打尽にすることができます。

 で、ハチをオニヤンマのヤゴに与えたところ、

 平気でバリバリ食べています。。。

 凄い食欲ですね。

 

テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

繁殖したウマビルの子供
うまこ17a

 この夏に繁殖したウマビルの子供たちです。

 産卵のさせ方や卵のうの様子については、

 過去のブロマガ記事をご覧ください。

 ウマビルの赤ちゃんは生まれると皆水から出てしまいます。

 そして数日は餌を食べません。

 その後、極小のモノアラガイを食べます。

 1~2mmのサイズでないと力負けしてしまうので、

 そのサイズの貝を探して与えなければならないので大変です。

 ビオトープで自然繁殖していますので、

 その点では心配は要りませんが・・・


 

テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット