熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
オレンジベリーダーター稚魚2017
おれべりこ17c

 今年繁殖したオレンジベリーダーターの稚魚です。

 もうこんなに大きくなりました。

 田んぼのミジンコを与えていたのですが・・・

 農薬を使われ、

 水を干され、

 ミジンコは見事にいなくなりました。

 魚が全く食べない種類のミジンコはいましたが。。。

 冷凍赤虫の小さいものはたべるようになりましたので、

 もうそんなに餌の心配をする必要はなくなりました。

 稚魚から飼育したい方に一匹 2,000円の特価で販売します。

 6月30日入金分まで。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

オオミスジコウガイビル
みすじ


 先日庭で見つけたオオミスジコウガイビルです。

 鉢を移動させたら下に隠れていました。

 まだ 10数センチと小型でしたが、

 最大で 1mを超えるとか・・・

 クロイロコウガイビルは毎年出てきますが、

 オオミスジコウガイビルを見たのは初めてです。

 そもそもオオミスジは外来種です。

 移動範囲を考えれば園芸店で買った植物の

 鉢の中にいたのでは、と考えられます。

 はたして狭い庭の中でクロイロコウガイビルと

 オオミスジコウガイビルが混棲できるのか ?

 餌であるナメクジやミミズはたくさんいますが、

 どちらかが負けて消えてしまう可能性が高いですが。。。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

印旛沼でナマズの稚魚を採集する(ポイント付き)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
キベリアオゴミムシ
あおごやご

 先日、ミジンコ採りの際に見つけたゴミムシの仲間・・・

 キベリアオゴミムシという種類を知ってから探していました。

 ググって動画を観ると驚きますが、

 この幼虫がはるかに大きいカエルに噛み付き、

 そのまま体液を吸い続けてミイラのようにしてしまう、

 という恐ろしい昆虫です。。。

 水生昆虫、特にゲンゴロウ類は子供の頃から好きでしたが、

 ゴミムシ類には全く興味が無かったので驚きでした。

 水辺にはゴミムシの仲間がたくさん歩いています。

 で、先日約 15mmのキベリアオゴミムシらしい虫がいたので捕獲。

 プラケに収容し飼育してみました。

 餌にアオバハゴロモの幼虫を与えてみましたが無視。

 3mm程のゴキブリの幼虫も無視。

 ところがほぼ同サイズのヤゴを入れてみたところ、

 いきなり背中に咬み付いてバリバリ食べています。

 恐ろしい光景です。。。

 自然界でもヤゴが上陸してきたところを襲うのを想像できます。

 今の時期は上陸したての小さなアマガエルがたくさんいます。

 子ガエルたちにとっては強敵です。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

アオヤンマ羽化2017
あおちゃん17

 飼育していたアオヤンマのヤゴが羽化しました。

 ヤゴは上陸して壁を登り・・・

 前年のヤゴの抜け殻に乗って羽化しています。

 この後外へ放しましたが・・・

 アオヤンマの繁殖地がすぐ近くにもあり、

 トンボの飛行能力を考えればまったく問題ないでしょう。

 アオヤンマのヤゴは広い沼や溜め池に生息します。

 ヤゴを探すのは困難ですが、

 トンボを探すのはそんなに難しいことではありません。

 飛んでる姿を見て種類の判別ができる人、

 という条件付きですが。。。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

ウマビル産卵のさせ方と注意点
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ムラサキミミカキグサ2017
ムラサキミミカキグサ

 食虫植物のムラサキミミカキグサです。

 ↑ は前の写真なので花が咲いていますが、

 まだ葉が出てきた状態です。

 鉢植えよりも浅いビオトープの方が適しています。

 何もしなくても毎年たくさん発芽するので・・・

 1ポット 600円で販売します。


テーマ:庭の植物 - ジャンル:趣味・実用

ファイヤーアントの話
 昨日のニュースで 13日に国内で初めてヒアリ(火蟻)、

 英名ファイヤーアントが確認されたとか・・・

 以前、アメリカのルイジアナ州の川で釣りをしていた時、

 土手にファイヤーアントの巣がありたくさんのアリがジーパンを登ってきました。

 見た目日本にいる数ミリのアカアリに似ていたため、

 気にせずに釣りを続けていたのですが、

 凄い痛みに釣りどころではなくなりました。。。

 何でこんな小さなアリに咬まれるだけでこんなに痛いのか ?

 当時はアリの名前さえ知らなかったので、

 その場は退散せざるを得ませんでした。

 後で本で調べたところファイヤーアントであることを知りました。

 刺されると火を当てられたような痛みがあることから付いた名前です。

 刺された足首は後で腫れ上がり大変でした。

 人に対する攻撃性がハンパ無いのでとても危険です。

 アナフィラキシーショックで死亡することもあるとか・・・

 巣があったら近付かないことくらいしか避ける方法がありません。

 もし日本に定着してしまったら・・・

 在来のアリが何種か絶滅する危険もあります。

 毒性の強いアリがいなかったのでもっと広範囲に

 影響が出る可能性もあります。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

ツバメの雛巣立ち
つばすだ17

 ツバメの雛たちは順調に育ち、

 ↑ は一羽の雛が飛び出して

 数メートル飛んで、また巣へ戻るところ。。。

 雛は尾羽が短いのですぐに判ります。

 で、先日全羽巣立ちました。

 カラスに襲われる確率は 5割に近いので

 無事に巣立ってくれてほっとしています。

 巣立った直後のツバメはよく車に轢かれているので、

 今後の天敵はヒトになるのかと・・・

 

テーマ: - ジャンル:ペット

マルガタゲンゴロウ幼虫2017
まるよ17a

 ミジンコを採集していた時に見つけたマルガタゲンゴロウの幼虫。

 極端に頭部が小さいのですぐに種類が判ります。

 これはミジンコを専食しているための進化です。

 印旛沼周辺はヒメゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ、

 ハイイロゲンゴロウは多いのですが・・・

 このマルガタゲンゴロウはとても少ないのです。

 写真の個体は 3齢幼虫なので、

 間もなく上陸して蛹になります。

 場所は昨日のブロマガ記事に書いてあります。

 採集したい方はどうぞ。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット