熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
小川でセルビン
えもの179

 先日、近くの小川に仕掛けたセルビンの成果です。

 多い順にタモロコ、モツゴ、タイバラ、バス。

 秋にバスの子が入るのは珍しくありません。

 しかしこのバスは小さいですね。

 普通は 15~20cmに成長しています。

 バスは魚食になると凄い勢いで成長します。

 子供の頃稚魚を捕獲して飼育したのでよく知っています。

 今はバスの飼育は禁止されていますから、

 採れても持ち帰ったりしないように。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

印旛沼の小川でカネヒラを観察する
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
良く馴れたライギョ販売
らいらい178

 今年の春に捕獲し飼育しているライギョです。

 すっかり飼育者にも馴れて・・・

 ↑ は餌を頂戴ポーズ。

 餌は主にエビとザリガニ。

 たまに小魚。

 昆虫類も良く食べるのでバッタやミルワーム、蛾の幼虫等。

 サイズは約 15cmです。

 飼育したい方に 5,000円で販売します。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

印旛沼 小川の魚
えもの178

 先日、印旛沼の小川でセルビンを仕掛けたところ・・・

 30分でこれだけ採れました。

 タイバラが 8匹とタモロコが 7匹、スジエビが 9匹。

 モツゴが一匹も入らなくてタモロコばかりは珍しいです。。。

 タイバラは相変わらず多いですね~

 オスは婚姻色出まくり、メスは産卵管伸び・・・

 在来のヤリタナゴの産卵期は春の短い期間だけ。

 タイバラの産卵期は春~秋くらいまで続きます。

 この繁殖期の長さが殖えまくる原因です。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

印旛沼のカネヒラ2017
かねひ17a

 先日、印旛沼の小川で採集したカネヒラです。

 (場所は過去のブロマガ記事に出ています)

 すでに婚姻色の出たオスでした。

 このサイズがタモ網で捕れるのは珍しいですが・・・

 で、この小川で最も多いのがタイバラです。

 次がモツゴ、ドジョウ、ヨシノボリ・・・

 カネヒラもかなり多い方です。

 春に出現する稚魚の数がとても多いので。

 釣りやセルビンでの捕獲がほとんどないので、

 多く棲んでいることを知らない人がほとんどでしょう。

 このカネヒラを 500円で販売します。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット