熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
ホウネンエビ・ミジンコの卵入り土特価販売
do

 ホウネンエビがたくさんいた田んぼの土です。

 ホウネンエビだけではなく、色々なミジンコも発生します。

 ホウネンエビは泳ぎながら卵をばら撒くため、

 泥の表面数センチに卵があります。

 卵は凍結や乾燥にも耐えて、

 翌年田んぼに水が張られると孵化します。

 (過去記事をご覧ください)

 ここ ←クリック

 その田んぼはタマカイエビも多いので卵があります。

 ホウネンエビの幼生期は目立たないため、

 脱皮変態した後、ある日突然現れる感じがします。

 5月頃になったら浅くて広い容器にこの土を入れ、

 水道水を注ぎます。

 小さな容器(プラケース等)では水質悪化や

 酸欠で途中で死んでしまいます。

 ばんじゅうをオススメします。

 川や池の水は使用しないでください。

 最初から何がしかの微生物がいると、

 上手くホウネンエビが育たない可能性が高くなります。

 土は 1kg 3,000円の特価で販売します。

 残り僅かですのでお早めに。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

子持ちヨコエビ
こもちよこ

 冬になると出てくるヨコエビです。

 3月になるとメスは産卵しそのまま腹側に抱卵します。

 卵の時は黒っぽい色をしていますが、

 卵が孵り稚エビになると↑のような橙色になります。

 このようなメスをピンセットでつまんで水中で振ると、

 稚エビがいっせいに離れて泳ぎ出します。

 強制的にやらなくても、

 やがて自然に親から稚エビが離れ、

 親は寿命を迎えます。


 

テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

チリ南部のザリガニ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
淡水コシオリエビを採集する
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
淡水コシオリエビ採集
ぱんこ18

 チリ南部の小川で採集した淡水コシオリエビです。

 冷たい小川の水草が繁茂している場所を

 タモ網で掬うといろいろなサイズが採れます。

 詳しい話は明日・・・


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット