熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
トウヨシノボリ稚魚
よっしー
 トウヨシノボリの稚魚が出てきました。

 湖、沼、溜め池等、昔はもの凄い数になり、

 一斉に流入河川を遡上するので、

 霞ヶ浦では大きな網で一網打尽・・・

 佃煮にされてしまうという結末です。。。

 そんなヨシノボリの稚魚も近年めっきり減りました。

 原因はブラックバスです。

 バスが産卵・孵化した稚魚が 2~3cmになったところで、

 ヨシノボリの稚魚が出現します。

 フナやモツゴの稚魚はすでに 2cmを越えていて、

 捕食対象から外れています。

 このヨシノボリの稚魚は中層を泳ぐため、

 バス稚魚の格好のターゲットになります。

 逃げ足も速くありませんし、

 ヨシノボリの動きにバスはとても興味を惹かれるようです。

 子供の頃バスの稚魚を採集して飼育しましたが、

 ヨシノボリの稚魚を好んで食べていました。

 その後都内の善福寺池にバスが繁殖し、

 たくさんいたヨシノボリはほとんどいなくなりました。

 印旛沼でも十年かそれより前から

 ヨシノボリの遡上数が激減しています。

 ↑ はバスの入っていない溜め池で採集したもの。

 ブラインシュリンプやミジンコ餌で飼育できます。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック