熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
カワヒバリガイ
ひばり1
 先日、過去記事にある成田の小川で、

 ↑ こんな貝を見つけました。

 海にいるムラサキイガイ(ムール貝)にそっくりですね。

 三面コンクリートの隅に足糸でガッチリ固定されているので、

 いままで石だと思っていたのですが・・・

 初めて貝と判りました。

 持ち帰り調べたところ中国南部原産のカワヒバリガイでした。

 輸入したシジミに混じって広がったとか・・・

 大繁殖して水路やパイプを塞いでしまうそうです。

 寄生虫の中間宿主ともなっています。

 すでに特定外来生物に指定されていました。

 飼育は禁止です。

ひばり2
 貝を割ってみると・・・

 小さいのであまり食べるところはありませんね。

 餌には使用できそうです。

 で、なぜ段差がいくつもある小川の上流に棲み付いたのか?

 利根川から遡上することは不可能です。

 貝の幼生は泳ぐことができます。

 カワヒバリガイが繁殖している利根川から、

 田んぼへ導水するためパイプが敷かれています。

 貝の繁殖時期と田んぼへ水を入れる時期が

 丁度合っているために利根川にいた貝の幼生が、

 バイプを通り田んぼへ注水され、

 田んぼから小川の上流部へ排水されて

 そこで稚貝となり棲み付いたと。

 農水省の事業がカワヒバリガイの分布拡大を

 助けているという皮肉です。。。

 まだ数的には大したことはありませんが、

 この先どうなるでしょうか・・・


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック