熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
新たな特定外来生物について
ootana13

 ↑は前に韓国で釣ったオオタナゴ。


 今日から新たに指定され特定外来生物になった生き物が結構あります。

 詳しくは環境省のホームページを。

 淡水魚ではヨーロッパナマズとオオタナゴの指定が大きなところです。

 ヨーロッパナマズは観賞魚店で稚魚が千円程度で販売されていました。

 もしかすると飼育している人も多いのでは ?

 オオタナゴも普通に販売されていましたし、

 利根川水系・霞ヶ浦では釣りの対象となっています。

 これからは釣れたら放すか殺すかしかありません。

 持ち帰ったら最高 3年以下の懲役または

 300万円以下の罰金となります。

 きっと知らない人がほとんどでしょう。

 恐ろしい法律です。

 江戸時代の生類憐れみの令みたいです。

 江戸の釣り ←興味のある方はクリック。過去記事です。

 自分勝手に川や湖に放流する人がいた結果なのですが。

 メディアでも詳しくは取り上げられていません。

 指定された全種を上げているところは知りません。。。

 ○○他が指定されます。とかで済ませた記事がほとんど。

 飼育・栽培(植物もあり)している人は大変です。

 6ヶ月以内に申請しないといけないからです。

 今回知らないでそのままの人は多いでしょう・・・

 知らないで過ごしてしまった人が後で知った場合どういった行動にでるのか・・・

 指定されたことで逆に放流されてしまうことが多発するのでは、と危惧しています。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック