熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
ナガエモウセンゴケも特定外来生物になりました
ながえもん

 ↑ の写真は茨城県の湿地で撮影したもの。

 場所は明日のブロマガ記事に書いておきます。

 で、数年前にナガエモウセンゴケが群生していたのを見て、

 尾瀬ヶ原のサジバモウセンゴケか ? なんて思ったりしましたが・・・

 調べてみたらナガエモウセンゴケだった。ということに。。。

 ネットで調べてみると日本の各地で繁殖しているようです。

 植物でも移植してしまう人が少なからずいるんですね。

 (熱帯アメリカ原産のコスモスは日本中で植えられていますが・・・)

 茨城県の湿地でも小さいものから大きなものまで無数に生えていました。

 これを全て取り除くのは困難です。

 モウセンゴケの種はとても小さくて地面に落ちたら

 もう探し出すことは 100%できません。

 特定外来生物に指定された食虫植物は初めてです。

 (アメリカのタヌキモが指定候補にありましたが今回は消えていました)

 栽培している人は大変です。

 10月 1日から販売もできず、移すこともできず・・・

 申請して栽培を続けるか、捨てるか選ばなくてはなりません。


テーマ:庭の植物 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック