熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
激減するヌカエビ
ぬか21

 強力なライバルである外来種のシナヌマエビが、

 在来種であるヌカエビを駆逐しつつあります。

 過去記事にあるように印旛沼に流れ込む

 小川の最上流部に僅かに残っていたヌカエビが、

 シナヌマエビが侵入すると僅か数年で

 100%シナヌマエビになることを確認しています。

 利根川水系の小川はシナヌマエビだらけです。

 一宮川水系の最上流部に生息していた珍しい金色のヌカエビも、

 今では消滅しシナヌマエビしかいません。

 房総でヌカエビが残っているのは山奥の一部のみです。

 ヌカエビは今の時期が繁殖期です。

 一方のシナヌマエビは早春から秋まで繁殖します。

 真冬に抱卵したメスを採集したこともあります。

 繁殖力で圧倒し棲みかを奪う感じです。

 汚染された水にも強いため汚い川にもいます。

 農薬にも耐性があります。

 実際両者が混棲していた小川では

 シナヌマエビが特等席である水草を独占し、

 ヌカエビは底の砂地部分にのみいました。

 良い場所を奪われて徐々に衰退していきました。

 山奥ではまだヌカエビはたくさんいます。

 水質が良好なことと農薬が入り込まない川です。

 ヌカエビは 10匹 5,000円での販売となります。


 

テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック