熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
オレンジベリーダーター稚魚
おれべり22a

 今年生まれたオレンジベリーダーターの稚魚です。

 毎日ブラインシュリンプやミジンコを食べています。

 ↑は最初に卵を採取した稚魚です。

 全長は約 2cmです。

おれべり22b

 こちらはその二週間後に採取した卵から生まれた稚魚です。

 産卵はだらだらと続くため多くの卵を確保するのは困難です。

 そのうえ受精率が低いのでカビてしまう卵が大半です。

 砂利の中にペアで潜り産卵・放精するのは、

 他魚からの食害は防ぐことができますが、

 卵が受精しにくいというマイナス面があります。

 これらの稚魚は一匹 2,000円で販売します。

 雌雄の判別はできません。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック