熱帯魚、淡水魚、甲殻類、昆虫、両生類、水草、食虫植物等我が家で飼育、栽培している生き物たちを紹介したいと思っています。(淡水魚研のブログ)
ヒルムシロ2017
ひるむー17

 ヒルムシロです。

 この容器ですでに 10年以上栽培しています。

 水質も安定していて澄んでいます。

 よく見ると花が咲いています。

 ヒルムシロは山間の沼や田んぼで見ましたが、

 近年は山奥の田んぼは放棄されて藪になり、

 貴重な水草は無くなりました。

 僅かに残った田んぼも除草剤を使用するようになって、

 ヒルムシロもミズオオバコも消えました。。。

 所詮は水田雑草。

 稲の生育に害があれば駆除されてしまいます。

 ヒルムシロは 1株 500円で販売します。


テーマ:庭の植物 - ジャンル:趣味・実用

カトリヤンマ羽化2017
かとりう17a
かとりう17b

 飼育していたカトリヤンマが羽化しました。

 夕方に壁を登り・・・

 深夜まで待っても全く動かず・・・

 明け方になり羽化が始まりました。

 あまり乾燥してしまうと抜けられずに

 失敗することもあって心配していましたが、

 無事に翅も伸びて羽化成功です。

 この後外へ放しました。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

ウマビルの在庫状況
umabee11f

 田んぼはすでに干されてウマビルは採取できません。

 サカマキガイもいなくなりましたので数日程度かかります。

 ウマビルの在庫状況です。

 小サイズは欲しがる人が少ないためあまり在庫していません。

 大サイズに餌を豊富に与えれば春→秋には特大サイズになります。

 今はそうやって特大・特々大サイズを育てています。

 自然界で 10cmを超えるサイズはほとんどいません。

 年に 1~2匹見つかるかどうか、といったところです。


在庫
 小サイズ 1,000円は 10匹くらいいます。

 大サイズ 2,000円は 10匹くらいいます。

 特大サイズ 3,500円は 10匹くらいいます。

 特々大サイズ 5,000円は 2匹販売できます。
 
 
 ウマビル飼育セット 3,000円(ウマビル小 2匹、水草、サカマキガイ、容器)もあります。
 (ウマビル大 1匹、水草、サカマキガイ、容器)に変更もできます。


 餌のサカマキガイも干されていなくなりました。
 100コ以上は少し時間(3~5日)がかかります。サイズの指定はできません。

 10コ 300円、130コ 3,000円です。




◎特別サービス

 ウマビル 3,000円以上お買い上げで 小1匹プレゼント。

 ウマビル 5,000円以上お買い上げで 大1匹プレゼント。

 ウマビル 1万円以上お買い上げで 特大 1匹プレゼント。

 水草もサービスします。欲しい方は「水草希望」と記入してください。

 

テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

印旛沼タイコウチ採集ポイント
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
印旛沼タイコウチ幼虫
taiko17a.jpg

 先日、印旛沼でタイコウチの幼虫がたくさん見られました。

 体長は 10~15mm。

 今年の繁殖は上手くいったようで、

 水草やゴミに紛れてあちこちにいました。

 とりあえず二匹だけ持ち帰りました。

 詳しい場所は明日のブロマガをご覧ください。

 この辺りはタイコウチとコオイムシが結構います。

 田んぼは今は干しているので水生昆虫はいません。

 タイコウチの幼虫は冷凍赤虫も食べますし、

 活きたバッタやミルワームも食べます。

 タイコウチの幼虫は二匹 千円で販売します。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

谷津のハス田
やつはす

 谷津にある小さなハス田です。

 この大きさだと売れる程はできないので、

 自家消費分だけ作っているのでしょうか・・・

 この場所は昔は田んぼが続いていましたが、

 だいぶ放棄されて今では1/3くらいにまで減りました。

 谷津は湧き水が豊富なのでホトケドジョウがいます。

 水生昆虫でも湧き水が好きなマメゲンゴロウがいます。

 多いのはヒメゲンゴロウとコシマゲンゴロウ、ハイイロゲンゴロウです。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

2017印旛沼ガブクワ情報 3
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タイリクバラタナゴの稚魚
たいばら17

 印旛沼に流れ込む小川に群れていた稚魚・・・

 網で掬ってみたところタイバラの稚魚でした。

 タイバラは中国からの外来種です。

 産卵床である二枚貝を在来のタナゴと奪い合い、

 結果在来種のマタナゴ、ヤリタナゴ、アカヒレタビラは激減。

 関東地方のゼニタナゴはほぼ絶滅しました。

 このタイバラを採集した小川はまだかなりの数の

 ヤリタナゴが生息しているので・・・

 と言ってもヤリタナゴ 1に対してタイバラ 20くらいで

 圧倒的に負けていますが・・・

 タイバラは見つけ次第駆除しなくてはなりません。


テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

道路に落ちていたタマムシ
たまみち

 先日、農道に落ちていたタマムシです。

 色鮮やかなのですぐに判りました。

 よーく見ると何かに食べられた後でした。

 中身が無くなっています。。。
 
 アリはまだいなかったので食べられた直後でしょう。

 鳥に食べられたのでしょうか・・・

 今の時期はタマムシがよく飛んでいます。

 畦道でも死んだタマムシは毎年数匹見ますので、

 ある程度の数は天敵に襲われるのでしょう。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット

フタトゲチマダニ
ふたとげ1

 先日、印旛沼周辺でカブクワの撮影をして、

 家に帰りふと床を見ると歩いていたのが、

 このマダニです。

 調べたところフタトゲチマダニでした。

 養老川の上流にはマダニが多くいて、

 人が近付くと草の上の方で十匹くらいが

 いっせいに前足を伸ばして乗り移ろうとします。

 息を吹きかけるとよく反応するので、

 マダニを避けながら歩いたりしましたが・・・

 まさか印旛沼周辺にもいようとは・・・

 イノシシが殖えたためマダニも生息域を広げたようです。

ふたとげ2

 ↑ マダニの裏側

 マダニが恐ろしいのは致死性の病原体を持っているためです。

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で亡くなっている方がいます。

 屋外、特に藪の中を歩くときの服装は、

 長袖長ズボンに長靴かワークブーツ。

 白っぽい服を着ていればマダニが服の上を

 歩いているときに発見しやすくなります。

 マダニは刺すというよりは咬み付くという言い方が正しいのですが、

 やわらかい場所を探して咬み付くので、

 皮膚の上を歩いているのを感じることができれば、

 咬まれる前に取り除くことができます。

 咬みつかれやすい場所は膝の内側や陰部、腋の下等。

 咬まれても痛みは感じないため分かりません。

 触るとイボ状のものができたように感じます。

 ここでマダニと判っても引っ張ってはダメです。

 頭だけ残して千切れてしまいます。

 心配な方は病院へ。

 エタノールや殺虫剤、ワセリンを塗って取り除く方法もあります。


テーマ:水生昆虫 - ジャンル:ペット